歴史的な日とシンガポール

  担当K君がサイクリングで疲れたので、今日はOFFのわたくし、伊藤がブログをつなぎます。

  朝からテレビをつけると米朝首脳会談一色。歴史的な瞬間が見たくてテレビにかじりつき。

  両者が歩み寄り握手を交わしてカメラの方を向いた時、何故かほっとしたというか。

  なんせ相当個性が強そうなお二人なので。いきなりガツンって、それはないか。

  そこで、歴史的な会談の会場となったセントサ島。20年以上前に訪れた事がありますが当時は

  島の中で一番人気があったアトラクションはイメージオブシンガポールという歴史郷土館。

  その中に展示された蝋人形がムチャクチャリアルで不気味だったけど今は別棟で蝋人形館の

  マダム・タッソーがOPENしているようです。

  さらには島内にユニバーサル・スタジオまで出来たようで、セントサ島でも行くかという

  暇つぶし観光地から今では超一流のリゾート地に変貌してました。

  まぁ、シンガポール自体、がっかりマーライオンとオーチャード・ロードでのブランド

  お買い物で観光客を呼んでたけど最上階に舟型のプールを乗っけたホテル

  マリーナベイ・サンズがOPENする前後からわくわくどきどきするようなエンターテイメント

  を発信するクールな国に変ってきたような気がします。

   でも、やっぱりシンガポールで忘れられない思い出は、35年前、当時のオーチャードに

  あったラマダホテル?でメニューが全く分からずとりあえず頼んだチキンカレー。

  運ばれてきたとき、あまりの鮮やかな黄色で、ちょっとこの色、目に染みるなぁと思い

  ながら食べた瞬間、辛いというより痛いという感覚が口の中に広がりました。

  口の中が痛いという辛さは、あとさき、この時だけです。くれぐれも鮮やかに黄色い

  チキンカレーにはご注意を。 

ちょっとだけ甘くなるかもしれない、裏庭の咲き始めのつつじをおまけで。

  2018-06-11 05.18.33.jpg

この記事へのコメント