白川茶販売 in マレーシア Part 3

今回は、活動報告というわけではないですが、せっかくマレーシアに来たという事でローカルな文化にも少し触れて行こうという事になりました。

店舗でお茶を販売するときに、お客さんと僕が談笑していたらマレーシアの旬の食材は何かという事が話に上がってきました。その時に一番興味深い話だったのがフルーツの王様であるドリアンがこの時期はベストシーズンなのだという事でした。
勿論、日本でもドリアンを買うことは不可能ではありません。しかし値段が高い。。。普通は買えませんよね。。。さらには、ドリアン=匂いがきついというイメージが先行しているので罰ゲームみたいな意味合いもあったりと。。。普通は買いませんよね。。。
でも、僕はフィリピンで生活していたこともあり、日常的にドリアンに接する機会も多く、ドリアンの目利きというかいくつかの品種を言い当てるだけの舌を身に着けていました。
だからこそ、本当のドリアンの味を知っている=この機会に是非食べたいという事になったわけなんです。
さらには、スーパーで買うよりも市場や屋台で買った方が鮮度がよく味も良いという持論があったので、迷わず仕事が終わった夜11時過ぎに宿泊先のホテルから10分くらい先にある屋台を目指しました。

IMG_20180728_225708 ドリアン外見.jpg

やはり僕の野生の感は正しかった。ローカルの屋台が並んでいるところには絶対旬のフルーツを売り出しているところもあるという事です。価格もお手頃。スーパーと比べると2割強安い価格で買うことが出来そうです。

IMG_20180728_225723 ドリアン 中身.jpg

そして、ドリアンの品定めをして、「こいつに決めた!!!」と言い店員さんに早速割ってもらいます。
実は、ドリアンは新鮮なものほどそこまで匂いはきつくありません(これは持論です)
これを手でつまみ頬張ります。ドリアンの味はとてもクリーミーで甘く、香りが強いのが特徴です。

マレーシアでまさか再び新鮮なドリアンに出会えるとは思ってもみませんでした。

この記事へのコメント