食レポ9 ~ビーフカレーライス編~

こんにちは! 最近めっきり寒くなってきたせいか、お布団が手放せなくなってきた担当Kです。
夏はあれだけ暑かったのに、秋と呼ばれる季節に入った瞬間、暑さは東の海上に逃げ去ってしまったようですね。
うれしい反面、風呂から上がった時やお布団から抜け出る時にとても寒くなってしまって、複雑な気分です。
欲を言えば、もうちょっと暖かい状態が良いですね。暑いのも寒いのも嫌いなので。

さて、今日の食レポに移りましょう。
今日の対象はみんな大好きカレーライスですよ。

IMG_1362.jpg

日本でもメジャーな料理であり、多くのお店で販売されているカレーライスですが、ピアチェーレのビーフカレーライスには一つの大きな特徴があります。
お米が美味しいという事です。

ピアチェーレでは白川町産のお米を使っていますが、もっちりとしていて甘いそれが数々の品にピッタリだという事は、今までのメニューでもわかって頂けると思います。
そして、カレー「ライス」という、料理の名前にも入るくらいには主役となる場において、その美味しさはより発揮されることになるのです。

香り高いルーとご飯を一緒に口に含めば、まず感じるのはピリリと辛い「カレー」の味です。
一般的に中辛とされる程度の辛さを持つルーは、一緒に入っている牛肉や野菜にもしっかりと染み込み、またそれらの旨味を全体に溶かし込んでいます。
御家庭でお母さんが作るカレーとも遜色ない、旨いルーです。

そして、野菜やお肉の甘みや旨味が溶け込んだ濃厚なルーの味が過ぎ去れば、次に感じるのはご飯の味です。
ふっくらと炊かれたお米は優しい味わいでカレーの濃さを解し、後味をスッキリとしたものにしてくれます。
更に、カレーの辛さが米の甘みをさらに引き立て、より深い味わいが楽しめるのです。

カレーのルーの味を引き立て、更にカレーに引き立てられるお米は、勿論福神漬けやサラダとの相性も抜群です。
濃厚な味を中和しつつ、濃厚な味によって更に美味しさを引き出される主役達の共作は、1000円、サラダ付きで販売中です。
ピアチェーレのビーフカレーライス、恋しくなったときは是非ご注文下さい。

この記事へのコメント