ジュースとは何なのか

こんにちは! 最近フルーツジュースを久しぶりに飲んだ担当Kです!
100%フルーツジュース系列は大好きなのですが、あまり飲める場所が多くないのが残念ですね。
たまにパックとかでリンゴやオレンジのジュースがありますが、私はミックスが飲みたいんだ!

折角なので、今日はこのお話を終わらせずに引っ張る事にしましょう。

皆さんは自販機で飲み物を買う時、「ジュース買った!」って言いませんか? 言いますよね。私も言います。
ですが、パッケージにジュースと書かれていたり、製品表示の所にジュースと書いてある飲み物、あまり見た事がないのではないでしょうか。
大抵の場合、パッケージには商品名が、製品表示にはジュースではなく清涼飲料水と書かれていますよね。

実は「ジュース」と名乗る事が出来る製品、意外と少ないのです。
日本の食品表示基準に於いて、ジュースと名乗る事が出来るのは「100%果汁」のみなのです。

と言っても、濃縮還元、つまり一度水分を飛ばして濃縮した果汁に関しては、5%か2.5%の砂糖が添加される事もあります。
しかし、ストレートジュース、つまり濃縮していないジュースには砂糖を入れる事が出来ません。
つまり汁だけです。

ちなみに、果汁10%以上~100%未満の飲み物は「果汁入り飲料」、0%~10%未満の飲み物を「清涼飲料水」と言います。

そんな感じですので、「ジュース」を飲む時は、過分な糖分の事を殆ど気にしなくてよかったりします。
危険なのは果汁入り飲料や清涼飲料水の方ですね。
こちらは本当にすごい量の糖類が溶け込んでいるので、気を付けなければなりません。

ちょっとした豆知識ですが、これを知ると「ジュース」という単語が特別なものに見えてきませんか?
これを機に、〇〇なんとか~と謳っている飲み物の表示を見て回ってみるといいかもしれませんね。
もしかしたら、新しい味の飲み物に出会えるかもしれませんよ。

さて、それでは本日はこの辺りで!
明日は水曜日、週の真ん中ですよ!

この記事へのコメント